今更ながらTwitterウィジェットを設置したので、やり方をまとめました

今更ですが、てとぶろのサイドバーにTwitterのウィジェット(埋め込みタイムライン)を設置してみました。
画面もわかりやすく簡単なので、まだ設置していない方は、ちょちょっと作って貼り付けてみましょう!

設定画面でプレビューが見れるので、弄ってみるだけでも面白いですよ。
設置は終わってるから、カスタマイズだけしたいという方はこちら
突然ですが新サービスのおしらせです ちびキャラ おまちしてます!

ウィジェットを設置する

まず設定画面を開きます。
tetblo_130902_01
設定メニューの「ウィジェット」を開き、「新規作成」ボタンを押します。
※この画面ではすでに作成済みのウィジェットの編集ができますが、まだひとつも作成していない場合は、「新規作成」ボタンのみ表示されます。
tetblo_130902_02
「タイムライン」タブが選択されていることを確認。何もしなければ、この状態になっているはずです。 tetblo_130902_03
各項目の設定を行って「保存」します。設定項目の詳細は後述します。
設定し終わったら「保存」ボタンを押しましょう。
tetblo_130902_04
保存すると、右下に貼り付けコードが表示されます。ここに表示されるコードをコピペして、WEBサイトの好きなところに貼り付ければ完成です!

設定項目について

ユーザー名
誰のタイムラインを表示するか設定します
オプション-@ツイートを除外する
チェックすると、リプライ(他のユーザー宛のつぶやき)をウィジェットに表示しません
オプション-画像を自動的に開く
チェックすると投稿した画像のサムネイルを、タイムライン上に表示します。チェックを外した場合「画像を表示する」リンクだけ表示されます。
高さ
ウィジェットの高さです
テーマ
明るいテーマ(白背景)か、暗いテーマ(黒背景)かを選択します
リンクの色
リンク文字の色を設定します
カスタマイズ機能を無効にする
カスタマイズされたおすすめユーザー機能を利用するかどうかを設定します。

高さ、テーマ、リンクの色は、コードで指定することもできるので、後でカスタマイズする場合は初期設定のままで大丈夫です!
ユーザー名と、@ツイートの除外もコードで指定できるのですが、頻繁に変更するものでもないので、この2つはここで設定しておきましょう。

紛らわしいのですが、「□カスタマイズ機能を無効にする」は、コードのカスタマイズとは関係がありません。 この設定がどうウィジェットに影響するのかイマイチ謎なので、とりあえずそのままチェックしないでおきます。
Twitterヘルプセンター | カスタマイズされたおすすめユーザーについて

貼ってみた

コードを貼るとこんな感じに表示されます!
ちなみに何も設定していない状態です。



初期設定では、高さは600px、リンクの色は#0084B4になります。
幅は指定しなければ、最小180px~最大520pxの間で自動的に伸び縮みします。

個人的には初期状態で十分かっこいいと思います!
が、ちょっとこだわりたいなーという気持ちがある方は、カスタマイズにも挑戦してみましょう(とっても簡単です)
カスタマイズについては次の記事でご説明します!

Twitterウィジェットのデザインをカスタマイズしたので、やり方をまとめました